家庭教師の情報がいっぱい

家庭教師は、子供の学力を向上させる手段として、塾に通わせる事や通信教育にて学ばせるより、効果的な一面を持っています。
通信教育や塾は長期で契約しなければならなく、その教材に大きく費用がとられます。


また、通信教育であれば勉強のスケジュールが自主的になってしまうため、親が子供に勉強するように後押ししなければならない欠点があります。塾は、大勢の生徒を1度に指導するスタイルなので、1人1人の学力に応じた勉強が難しいという欠点があります。

反面、家庭教師であれば短期間からの契約が可能です。

そして、1対1の学習スタイルであるため、生徒の学力に応じた勉強スケジュールを立てる事ができます。ただし、その家庭教師に次回のテストや試験までの集中型トレーニングや、長期休暇中の集中講義などのスタイルを自由に選択する事ができるも欠点はあります。


1つは自宅で学習スタイルなので、勉強する環境にはなっていない事です。大抵の場合、子供の部屋は勉強する環境より遊ぶ環境に傾いています。
また、いつも過ごしている場所なので落ち着きますが、逆にくつろいでしまう環境にあります。

これを改善するには、普段使用していない静かな部屋を利用するなど工夫が必要となります。


2つ目は、生徒が学力を向上させたいという気持ちになれるかどうかです。家庭教師を付け、学力を向上させたいと願っているのは、大抵の場合親です。

対して子供は、勉強させられるという気持ちがほとんどです。
これでは、家庭教師がいくら頑張って授業を行っても学力向上には結び付きません。

中には、家庭教師の勉強の教え方が悪い場合もあります。

家庭教師は、現役大学生がアルバイトとして、中学生や高校生の勉強を教えるのが一般的ですが、家庭教師の採用をする際に学力試験を行っていても、生徒のやる気を引き出す方法や、勉強の教え方や進め方を採用基準にしている家庭教師会社はないと思います。
従って家庭教師に任せている場面が多いのですが、経験がないため、このような結果になってしまう事が多いのです。こういった場合には親も同席することで改善できる場合があります。家庭教師を利用する場合には、利点と欠点を抑えた上で利用するのがいいと思います。